はてなスッキリ

日常の疑問をスッキリ解決します!

*

飲む日焼け止めで紫外線対策!その効果とは?


日差しが強くなるこれからの季節。

紫外線対策
気になり始める方も多いですよね。

手軽にできる紫外線対策の定番には
日焼け止めがあります。

ひとくちに日焼け止めと言っても
SPFの数値が高いものや、子供用
オーガニックのものなど色々あります。

どれも一般的には肌に直接塗るタイプ
ものをイメージされるかと思いますが、
最近注目されているのが
飲む日焼け止め

これは一体どのようなものなのか、
日焼けを防ぐ理由
効果使用方法などを調べました。

Sponsored Link

 

どうして飲む日焼け止めで紫外線対策できるのか

紫外線を浴びると人の体の中では
フリーラジカル」というものが発生して
細胞を傷つけてしまいます。

これが過剰に発生するとしわやシミなど
肌の老化を進めることとなるのです。

飲む日焼け止めには
フリーラジカルを破壊して
細胞の損傷を防ぐ作用のある
フェーンブロックという成分が配合されています。

飲む日焼け止めでは紫外線を物理的に
防ぐことはできません。

しかし、紫外線を浴びることによって
体内で発生する物質を取り除くことで、
紫外線がに及ぼす影響を引き下げることが
できるというわけなのです。

 

飲む日焼け止めの気になる効果について

飲む日焼け止めで
どれほどの効果が得られるのか、
それが一番気になるところですよね。

ネットショップでのレビューなどを
見てみると、

「服用して3時間、海にいてもほとんど日焼けしなかった。」

「なんとなく効果があるかな、というかんじ。」

と、なんらかの効果を実感している人から

「期待していたけど日焼けしてしまった。」

という結果だった人も。

また、
「しっかり効いていると思うけど、塗る日焼け止めとの併用がおすすめ。」
という声もありました。

 

飲む日焼け止めの使用方法

飲む日焼け止めの場合、
飲んだからといってすぐに効果を
発揮するわけではありません。

だいたい、外出の30分ほど前
服用します。

効果は2時間から数時間なので、
長時間の外出の場合は、
途中で追加服用の必要があります。

Sponsored Link

 

まとめ

飲む日焼け止めだけでは、
紫外線そのものを防ぐ効果はありません。

あくまで紫外線による肌への影響
防ぐものなのです。

ですから、塗る日焼け止めと併用することで
紫外線からより肌を守ることができます。

ですが、
肌がデリケートで塗る日焼け止めが
使えないという方などには
紫外線対策として飲む日焼け止めは
役立ちますね。

また、プールなど
塗る日焼け止めが
落ちてしまいやすい環境では
飲む日焼け止め
活躍するのではないでしょうか。

 

【おすすめの飲む日焼け止めはこちら】
飲むだけ簡単!人気モデル愛用中の太陽に負けないサプリ【ホワイトヴェール】

 

 - 季節_夏