はてなスッキリ

日常の疑問をスッキリ解決します!

*

犬用レインコート タイプ別おすすめで雨の日も楽しくお散歩♪

犬を飼っている方の共通の悩みといえば、
雨の日のお散歩ではないでしょうか。

犬用レインコートを上手に使えば
濡れや汚れは軽減できますが、
着崩れして効果がなかったり、
レインコート自体を嫌がるワンちゃんも
多いと思います。

そこであなたの愛犬にとって
どんなレインコートが一番効果的か、
タイプ別にご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

 

マントタイプ

頭からかぶせて首や脇をテープなどで
留めるタイプのレインコートです。

足を通さなくて良いので、
洋服が苦手な子にも
比較的着せやすい作りになっています。

頭からかぶるのが怖いようであれば、
両肩にボタンがついている
クロスタイプがおすすめです。

片方を先に留めてしまえば、
後はお腹側から通して
もう片方を留めるだけです。

バックルなどで
カッチリ留めるタイプもありますが、
マジックテープタイプ
より簡単に装着できます。

いずれも着せやすく
動きやすいのが利点ですが、
どうしても足の汚れ
避けられないのが難点です。

 

ズボンタイプ

足までしっかりガードし、
太もも周りの汚れを防げますので、
本格的な雨の日や雪の日でも安心です。

足の短い犬種用や、
ハーネス用の穴が付いたタイプもあります。

足を4本通さなくてはいけないので、
洋服を着るのが嫌いな子や、
足を上げるのが苦手な老犬には
少し大変かもしれません。

防水性は抜群ですが、
梅雨時には蒸れが気になるところ。

撥水効果が高く、
裏地にメッシュ素材を使用するなど、
通気性の良いタイプを選ぶと良いでしょう。

 

2ピースタイプ

お腹から足までフルカバーで着せるほか、
小降りの日にはポンチョとして使用できる、
セパレートタイプのレインコートです。

価格設定は他のタイプより少し高めですが、
ポンチョタイプ、ズボンタイプの利点を
両方兼ね備えているので、大変便利です。

首元から顔まで覆うタイプ
足首までよりしっかりガードできる
タイプ
などもありますが、
フード付きのものは嫌がるワンちゃんが多いようですね。

頭は濡れるても仕方ないと思っておいた方が良いでしょう。

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レインコートの形は、
大きく上記の3タイプに分類されますが、

その他にも折り畳んで小さく収納できたり、
速乾性に優れていたり、
反射テープが付いているなど、
素材や機能にこだわったレインコート
たくさんあります。

また、アニメのキャラクターを模したものや、
背中に羽が生えているなど、
デザインにとことん拘ったレインコートも
よく見かけます。

愛犬の性格お散歩の状況に合わせた
レインコート選びで、雨の日のお散歩が
楽しくなると良いですね。

 - その他