はてなスッキリ

日常の疑問をスッキリ解決します!

*

いつまで大丈夫?ローストビーフの消費期限と保存方法!


特別な日メニューと言えば
何を思い浮かべますか?

私が大好きなのは、
ローストビーフ

自分で作ったり
デパートで買ったり
お土産でいただくなんてことも
ありますよね。

ですがこのローストビーフ。
1度にたくさん食べられないのが
悩みどころ…。

冷蔵庫に入れておけば
翌日も食べられるのでしょうか?
何日くらい保つもの
なのでしょうか?

そこで今回は
ローストビーフの消費期限と、
保存方法についてご紹介します!

Sponsored Link

 

ローストビーフの消費期限

ローストビーフの消費期限
冷蔵2〜3日です。

チルド室などの温度低い場所で
保存した場合にはもう少し保ちますが、
それでも1週間以内には
食べてしまった方が安全ですね。

冷凍であれば1ヶ月くらい。

でもきちんと真空状態
しておかなければ、
冷凍しても時間が経つとともに
落ちてしまいます。

個人的には、
冷凍の場合も2〜3週間以内には
食べてしまうのがおすすめです。

しかし、これはスライスする前
かたまり肉の状態での
消費期限です。

お肉は表面から傷んでいきますから、
表面をしっかり焼いてあれば
中のお肉は傷むことがありません。

しかし、スライス後
ローストビーフは、
切り口からお肉がどんどん
傷んでしまうのです。

というわけで、
スライスしてしまった場合の
消費期限は、
1日〜2日と思っておいてください。

できれば当日
遅くとも翌日には
食べてしまいましょう。

 

ローストビーフの保存方法

ローストビーフの保存方法
最も重要なポイントは、
かたまりのまま
ぴっちり包むことです。

乾燥酸化を防ぐために、
ラップでぴっちり包んでください。

乾燥するとお肉が
パサついてしまいますし、
酸化するとお肉の色が茶色くなり、
風味も損なわれてしまいます。

私は大雑把なので
このぴっちり包む作業が
苦手なのですが…。

ここに神経使うことによって
その後のローストビーフの
味わい変わってくるのですから、
大雑把な人もここだけは
我慢して頑張りましょう(笑)。

そしてさらにジッパー付き
保存袋に入れるのがおすすめ。

近頃は自宅でできる
真空パックもあるようですね。

真空にできれば尚良し
できるだけ空気を抜いて
保存しましょう!

スライスしてしまった場合も、
極力空気触れないように
ぴっちりラップしてください。

ただし、先にご説明したとおり、
スライスしたローストビーフは
傷みやすい状態ですから、
なるべく早く食べきってください。

冷凍する場合も、
スライスではなく
かたまりのまま保存しましょう。

最初から冷凍保存する予定ならば、
あらかじめかたまり肉を
2〜3個に切り分けて、
小さなブロックを作ってから
焼いた方が使い勝手
良いかもしれませんね。

Sponsored Link

 

ローストビーフのアレンジメニュー

それではおさらい。

ローストビーフの
消費期限の目安は、
冷蔵2〜3日
冷蔵1ヶ月です。

スライスしてしまったものは
もう少し早い
覚えておいてくださいね。

この期間内に
食べられそうもない…。
もったいないけど捨てるか…。

とゴミ箱に手を伸ばした
そこのあなた!
ちょっと待ってください!

確かにローストビーフとしては
もう美味しくいただけない
かもしれません。

でも牛肉だと考えれば
調理方法次第で
まだまだアレンジ可能ですよ!
きちんと加熱すれば良いんですから。

例えばカレーに入れたり、
ビーフシチューなんかも
良いですね。

小さく切って串に刺し、
串カツにするのもおすすめです。

我が家では、
薄く切ったローストビーフを
フライパンでもう少し焼いて
クルトンと一緒にサラダに乗せた
焼肉サラダが定番です。

そもそもローストビーフは
いつもよりちょっとお高めのお肉で
作ることが多いですから、
他の料理にアレンジしても
美味しくいただけること
間違いなしですよ!

 - グルメ・レシピ, 豆知識